永久脱毛って、本当に永久に生えないの!?

永久脱毛の意味は?

医療脱毛では永久脱毛が可能だと言われていますよね。永久という言葉がついていると、脱毛プランが完了してしまったらもう体毛が生えてこないと思われがちですが、正確には異なっています。永久脱毛とは、最後に脱毛してからの毛の再生率が、1か月で20%未満である状態のことを言います。減毛率が高い状態をキープできているという意味ですね。ですから、もし体毛が生えてきたからと言っても、永久脱毛が失敗したわけではないんですよ。

永久脱毛の効果を高めるために

そのため、脱毛クリニックでは短期的な脱毛効果よりも長期的に減毛効果を維持するにどうしたらいいのか?という点に気を配っているのです。成長期に標準を合わせてレーザー脱毛をしないといけませんから、2か月程度の間隔を置いてから通院します。成長期を正確に見極めるのは難しいので、2か月よりも短い期間に通院してもらってもあまり意味がない、という事実からこのようなペースで通うことが推奨されています。永久脱毛の効果を高めるために、終盤はさらに間隔をあけるところもあるんですよ。

料金もお得なんですよ

医療レーザーで行っている永久脱毛は、エステサロンの美容脱毛と比べると料金が高め。出力が高くて医師の管理の下で脱毛をするので、少々割高なのは仕方ないのかもしれません。強力な脱毛効果がある分、通院回数が少ないのでトータルでかかる値段は少なかったりします。コース終了後の納得いくまで脱毛したい人用のプランですが、永久脱毛の場合も通常のコースよりも安めの料金が適用されるところも多いですから、コストパフォーマンスは良いんです!

永久脱毛を東京で受けるために、魅力あるシステムが導入されている美容外科のクリニックの無料カウンセリングを活用することが効果的です。