失敗しない!脱毛の種類とメリット・デメリット

セルフ脱毛、サロンで脱毛、あなたはどっち派?

日々手入れをしていても、気づけばチクチク。ムダ毛の悩み女性ならだれでも持っていることかと思います。自宅で簡単にできるカミソリやシェーバーを使ったセルフケア派の方もいれば、サロンや皮膚科できっちり永久脱毛派の方もいるでしょう。間違ったケアをしてしまうと、せっかく肌をキレイにするための脱毛ケアが、逆に肌を傷つけてぼろぼろにしてしまうこともあります。最近はさまざまな脱毛グッズも増えてきて、自分にあう脱毛法がわからない…とお悩みの方へ、あなたにぴったりの脱毛法を見つけるための、その種類とメリット・デメリットをご紹介します。

抜くか?剃るか?セルフ脱毛の種類

自宅で簡単にできるセルフ脱毛はみなさま一度はチャレンジしたことがあるはず。オーソドックスなのはカミソリや電気シェーバーなどをつかったムダ毛を「剃る」ケアですよね。誤って刃で肌を傷つけてしまったり、力を入れすぎるとヒリヒリと赤みや傷みが出てしまうこともあります。カミソリは値段も手頃でサイズや形もさまざま。部位によって使い分けることもできて便利です。何枚も刃がついているタイプもあり、しっかりムダ毛を処理できるのも魅力のひとつですよね。電気シェーバーはカミソリより安全で、皮膚を切ってしまうことも少ないですが、深剃りしにくいのが難点でしょう。「抜く」ムダ毛ケアで人気なのがワックス脱毛と除毛クリームです。ワックス脱毛は剃るケアとは違い、根本から引っこ抜くのでケアの後でもチクチクせず、次に生えてくる期間もぐっと遅くなります。ただ、かなり痛みをともない、埋もれ毛になってしまう可能性もあります。除毛クリームも毛を溶かすのでチクチクしません。ワックスと違って痛みもありません。ただ、肌の弱い方にはクリームが刺激になってしまい、赤みが出たり、肌荒れの原因になることもあります。

レーザー?ニードル?美容脱毛の種類

サロンや皮膚科で美容脱毛を選択された方も最近多いですよね。毎月定額のプランがあるサロンや、駅前など通いやすい場所に増えてきて、美容脱毛のハードルもかなり下がってきたように感じます。サロンや皮膚科での脱毛にも、さまざま種類があることをご存知でしょうか?メジャーな脱毛の種類として、ひとつはレーザー脱毛が人気ですね。黒や茶色など、毛の色にだけ反応する光を皮膚に照射することで、広い範囲を一気に脱毛することが出来る方法です。肌への負担も比較的少なく、短時間で脱毛できるのがうれしいですよね。ただ、サロンやレーザーの機械、個人差で効果がまちまちであることと、完全に脱毛しようと思うと何度も通わなくてはいけないのがデメリットでしょうか。同じく人気なのがニードル脱毛。こちらは医療脱毛の一種になるので、皮膚科や美容整形外科でしか施術できません。毛穴に針を通して、毛根を焼いてしまう方法です。永久脱毛が可能で、その後のセルフケアから開放されるのがとても大きなメリットです。ただ、少し痛みを伴うのと、一度に施術できる面積が少ないので時間がかかり、費用も高めなのがデメリットになります。

医療脱毛の効果が出るまでには、長い期間が必要となることがあり、スキンケアにこだわりながら美容法を取り入れることがおすすめです。